オフショア資産の特定

開示していないオフショアの収入や資産の特定に関して、広く公表されている数々の取り組みがあります。海外の銀行から盗まれたデータを取得したというセンセーショナルな出来事に端を発し、租税回避に広く利用されていた証拠が歳入関税庁(HMRC)に提供されました。

これは「タックスヘイブン」の情報公開を求める国際的な圧力と結びついており、HMRCは海外に資産や収入を保有していると思われる納税者を重点的に調べるようになっています。

現在までは、不審を抱く従業員などから得た情報を通じて銀行から取得したものが主な情報源となっていました。しかし最近になってHMRCはスイスと協定を締結したため、スイスに資産又は収入を持つ投資家に「源泉税」を課せることと、スイスの銀行の記録を入手することが可能となりました。この記録入手の権利は、租税回避の発見を強化するためのものです。このため、HMRCが情報を入手する口座は増加すると思われます。

未開示のものがあると考えられる場合には、状況をできるだけ早く是正すべきです。HMRCは未開示の租税について利息や罰金が発生しないか調べますが、通常の開示やリヒテンシュタイン開示ファシリティ(LDF)の利用により、こうした支払い責任を最小限に抑える方法があります。もちろん早めの開示が最善策です。自らの開示ではなく、HMRC が調査にて見つけ出した租税回避には極めて厳しい態度で臨んでいます。すでに数々の刑事訴追が進行中です。

Related Contacts

Nick Nicolaou
View profile

Andy Tall
View profile