無作為調査

自己申告納税は、確定申告を「いま処理して後で調べる」という制度です。つまり、即座に訂正を求められるような明らかな間違いがない限り、歳入関税庁(HMRC)は単に提出された数値に基づいて確定申告を処理するだけです。

確定申告が期限通りに提出されれば、HMRCは翌年の1月31日まで調査を開始することができます(たとえば2014/2015年度の場合、HMRCは2017年1月31日までに調査を開始すればよいことになります)。

無作為調査の対象になると、HMRCは収入や利得の過少申告がないか、不正確な請求や控除がされていないか調査を行います。

正確に申告している場合には、その根拠をHMRCに明確・簡潔に示し、迅速かつ状況を悪化させないように調査を完了させることが重要です。これを怠ると、HMRCは不必要に時間を費やすことになり、数年とは言わずとも数カ月に調査がおよぶ場合があります。

一方、もし確定申告に間違いや不十分な点があった場合には、これを直ちに明らかにして訂正することが重要です。この場合、戦略的な見地から言うと自らHMRCに開示するほうがはるかに良く、また迅速かつ効率的に対処することが重要です。HMRCは罰金額を決定する際に、対象者がいかに協力的であったかを考慮に入れます。

いずれの場合も、グリーンバックアランでは、当局とのやりとりを最小限に抑え迅速かつコストを抑えて問題の解決を目指します。

Related Contacts

Andy Tall
View profile