租税回避策と判定されたスキームの利用

歳入関税庁(HMRC)は、現在では「租税回避スキーム」と称する分野に焦点を当てています。HMRCではこれらを、租税の軽減を主な目的としているスキームと考えています。

一定の基準に当てはまるスキームは開示してDOTAS(Disclosure of Tax Avoidance Scheme/租税回避スキームの開示)番号を付けなければならない事となっております。この番号を納税申告で報告することが義務付けられています。租税スキームは、通常は専門家調査(不正行為と租税回避)による取り調べが行われ、HMRCはその権限によりお客様の内部の方針も調べます。租税スキームを利用している場合は、調査を受ける可能性があることを認識しておくべきです。

DOTAS番号が与えられていない場合であっても、HMRCは一部の取引を「租税回避スキーム」と見なす場合があり、取り調べではHMRCは同じ手続きを取ります。

一般にスキームは、企業や個人が開発してこれを推進します。こうした推進者は取り調べが行われる可能性を認識していることが多く、スキームの利用者に代わって取り調べに対処するための適切な手続きや資金を用意しています。

しかし、スキームの利用者が自分で問題に対処する必要が出てくる場合もあります。これは手続きが整備されていない場合や何らかの理由で推進者が調査の資金を調達できないために起こります。

グリーンバックアランのチームは、この分野の取り調べの対応では定評があります。過去2年間では、出回っている租税回避策に対する7件の主要な取り調べを解決しました。これを決着させたことで、スキームの利用者に大幅な租税の還付をもたらしました。

訴訟は事前に回避するのが最善ですが、訴訟に持ちこまれる場合も起こります。HMRCは政策上、数多くの租税スキームを訴えようとしているからです。グリーンバックでは訴訟の経験もあり、必要に応じて私どものチームで訴訟に対応するか、この分野を専門とする法律事務所と緊密に協力して対応します。

調査や訴訟への対応では、しばしば費用が問題となります。私どものチームは50~500件におよぶスキーム利用者に一括して対応するため、費用は分散され、この問題への対応をコスト効果の高いものにしています。

Related Contacts

Nick Nicolaou
View profile

Andy Tall
View profile