特定の「ハイリスク」業種に対するHMRCのタスクフォース調査

歳入関税庁(HMRC)は、特定の「ハイリスク」業種に焦点を絞り、こうした業界の事業体が正しい納税額を申告しているか目を光らせています。最近ではレストランや配管事業者、医師など多様なグループに重点を置いて調査を行っています。

HMRCの調査チームは、こうした業界に精通しており、申告漏れが起こりがちなエリアを把握しています。これを独自に設計したモデルと照らし合せて収入や経費などを調査します。

HMRCは、未開示の租税の存在を明らかにすることに意識を傾けているため、この種の取り調べは調査というよりも捜査となり、威圧的なものにもなりかねません。

お客様の数値とHMRCのモデル数値に差異が生じる場合、個別の事業の状況により正当な理由があることがほとんどです。このような場合、HMRCが何を捜査対象としているのかを見極め、迅速かつ効率的に対処することが重要です。HMRCは、比較モデルと合致しないことを理由にお客様の数値が正しくないと主張することがよくありますが、正しく申告がされているのであれば、HMRCからの主張はきっぱりと退けるべきです。

現在、HMRCは情報取得権限を銀行など第三者にも広げており、お客様への情報開示要求権限ももっています。しかし、調査への協力(これが罰金額に影響を与える)と過度な情報開示要求の間で絶妙なバランスを保つことも必要です。

税務調査と同様に、未開示情報があったり開示が不十分であった場合には、該当情報を直ちに明らかにして訂正することが重要です。この場合、戦略的な見地から言うと自らHMRCに開示するほうがはるかに良く、また迅速かつ効率的に対処することが重要です。HMRCは罰金額を決定する際に、対象者がいかに協力的であったかを考慮に入れます。

Related Contacts

Andy Tall
View profile