特定の収入源に焦点を当てた調査

この種の調査は特定の収入や利得に焦点を当てたもので、第三者の情報に基づいたものであることがほとんどです。こうした第三者の情報は、政府の別の省庁、銀行や雇用主といった第三者、旧パートナーなどで不満を抱く者などから提供される場合があります。

このような場合、実際に開示していない情報がないか、開示が不十分でなかったかを早急に判断することが重要です。HMRCが得た情報が不正確であることが判明する場合も多いため、HMRCと迅速にオープンに対処をすれば問題は速やかに解決することができます。

情報の開示が漏れていた場合、または開示が不十分であった場合は、無作為調査と同様、これを直ちに明らかにして訂正することが重要です。戦略的な見地から言うと自らHMRCに開示するほうがはるかに良く、またここでも迅速かつ効率的に対処することが重要です。HMRCは罰金額を決定する際に、対象者がいかに協力的であったかを考慮に入れます。

問題に迅速に対処して開示を行うことで、うまくいけば調査を限定的なものにとどめ、HMRCが問題をより幅の広い調査や税務全般の取り調べに発展させることを防ぐことができます。

Related Contacts

Andy Tall
View profile