遺言状

遺言状は個人が作成しておくべき最も重要な文書の一つですが、残念なことに遺言状を作成する人は少なく、家族に相続問題を遺してしまう危険があります。

遺言状は、相続による課税を抑えて最も効率的に資産・財産を受取人に譲渡するために、個人の税務対策の一環として利用することもできます。また、幼い子供の後見人を指名することも遺言状を作成する重要な理由の一つです。

ただ、誰にでも課税の問題が発生するわけではなく、また幼い子供がいるわけでもありません。多くの方にとって遺言状の作成が重要なのは、遺言状がなければ亡くなった人の資産処理で大きな問題が起きる可能性があるからです。遺言状がない場合、その資産は「無遺言相続の規定」と呼ばれる規定に則って譲渡されますが、亡くなった方が望まなかった人の手に財産が渡ってしまい、本当に財産を遺したかった人たちが犠牲となる可能性もあります。無遺言相続として遺産が処理される前に自分の大切な親族に確実に一定の現金が譲渡されるように望む方もいれば、お気に入りの慈善団体に寄付を望む方もいるでしょう。故人が指定した受取人がいない場合、面倒で費用の掛かる訴訟に発展する場合もあります。

関連する連絡先

アンディ・トール
View profile