Code of Practice 9による取り調べと犯罪捜査

歳入関税庁(HMRC)が「Code of Practice 9(COP9)」の取り調べを実施するのは、重大な不正行為が疑われ、民事解決により租税や利息、罰金を回収することを目的とする場合です。しかし状況の重大性を過小評価すべきではなく、専門家のアドバイスを受けずに問題を解決しようとすることは非常に危険です。

HMRCから刑事捜査の通告を受けた場合には、直ちに専門家にアドバイスを求めてください。HMRCは警察と同等の権限を行使できることもあり、調査官の中には逮捕権限や令状の執行権を持つ者もいます。

HMRCは「抜き打ち捜査」として早朝に令状を執行することが多く、多数の調査官を動員させ複数の敷地で捜査を行います。こうした捜査は極めて威圧的なものですが、できるだけ早くアドバイスを求めることが重要です。令状により電話やコンピューターなどが押収されることもあるため、連絡先を別に保管しておくことも大切です。後に、司法審査で、HMRCが令状の執行において権限を超えた捜査を行ったことが判明する場合も多いからです。

Related Contacts

Andy Tall
View profile