Greenback Alan

個人

コンプライアンス

HRMCの広告を目にされた方もいるかもしれません。「税金は必ずしも骨の折れる作業とは限らない」Tax does not have to be taxing. もしあなたの状況がシンプルで、税金に関するルールブックを開き、計算を行い、そしてフォームを完成させるために時折、数時間を割くことができるのであれば、それは正しいと言えましょう。

税務調査

私どもは、あらゆる税務の取り扱いについて訓練を受け資格を持つ専門家です。しかし、ほとんどの個人の方々はそうではないと言ってよいでしょう。そのため個人の方が歳入関税庁(HMRC)から税務調査を開始する旨を知らせる書簡を受け取ると、まずうろたえて不安感を抱きます。

税務サービス

税金については決まりきった見方が数多くあります。大部分の方にとっては否定的に考えるものですが、今後の見通しもあまり良いとは言えない状況です。 一般に私どもに求められている助言やガイダンスは次の4つの税金に関するものです。

駐在員税務

駐在員の個人所得税の税務には複雑な点が多く、詳細な規則に対する細かな解釈によって違ってくることもよくあります。また頻繁に法改正が行われている分野でもあります。私どもは英国での税務に関する懸念を取り除くため、総合的な駐在員向けの税務サービスを提供しています。 英国に赴任する駐在員向けの英国の税務について、グリーンバックアランには次のような豊富な経験があります。

信託

信託は、個人の方が現金や資産を1人または複数の受取人に譲渡するために保持する方法として最もよく使われています。信託を管理して信託資産の投資や取り扱いを担う受託者を指名し、権利を持つ受取人が資産を確実に受け取れるようにします。裁量信託の場合には、どの受取人が信託から収入や資金を受け取るかについて、受託者が一定期間内に決める権限を持っています。

相続

遺言状は個人が作成しておくべき最も重要な文書の一つですが、残念なことに遺言状を作成する人が少なため、残された家族が問題の解決で混乱をきたす危険性があります。 遺言状は、相続に対する課税を抑えて最も効率的に財産を譲渡するために、個人の税務対策の一環として利用することができます。遺言状を作成するもう一つの重要な理由は、幼い子供の後見人を指名することにあります。