Greenback Alan

税金

税務調査

歳入関税庁(HMRC)は、様々な理由からお客様の税務調査の実施を行う可能性があります。どのような場合でも、調査や取り調べをできるだけ早く効果的に終了させるには、正しい戦略を取ることが重要です。HMRCでは昨今その役割が変わり、税収をできるだけ増やすことに重点が置かれています。このため、HMRCの対応の良し悪しに関わらず、専門家のアドバイスを受けることが必要です。

無作為の調査

自己申告納税は、確定申告を「いま処理して後で調べる」という制度です。すなわち、即座に訂正を求められるような明らかな間違いがない限り、歳入関税庁(HMRC)は単に提出された数値に基づいて確定申告を処理するだけです。

特定の収入源・利得源に対する的を絞った調査

この種の調査は特定の収入や利得に焦点を当てたもので、通常は第三者の情報に基づいています。こうした第三者の情報は、政府の別の省庁、銀行や雇用主といった第三者、旧パートナーなどで不満を抱く者などからの場合があります。

特に「ハイリスク」な業界に対するHMRCのタスクフォースによる調査 

歳入関税庁(HMRC)は、特に「ハイリスク」な業界に焦点を定め、こうした業界の事業体が正しい納税額を申告しているか目を光らせています。HMRCは、最近ではレストランや配管事業者、医師など多様なグループに重点を置いています。 HMRCでは、これら「ハイリスク」業界から正当に租税が徴収せれていないと考えており、独自に設計したモデルと照らし合せて収入や経費などを調べます。

租税回避策と判定されたスキームの利用

歳入関税庁(HMRC)は、現在では「租税回避スキーム」と称する分野に焦点を当てています。HMRCではこれらを、租税の軽減を主な目的としているスキームと考えています。

オフショア資産の判明

開示していないオフショアの収入や資産の判明では、大々的に報道された数々のイニシアチブがあります。海外の銀行から盗まれたデータを取得したというセンセーショナルな出来事に端を発し、租税回避に広く利用されていた証拠が歳入関税庁(HMRC)に提供されました。

実務規範9の取り調べと刑事捜査

歳入関税庁(HMRC)が「実務規範9(COP9)」の取り調べを実施するのは、重大な不正行為を疑っているものの、民事上の解決により租税や利息、罰金を回収することを目指す場合です。しかし状況の重大性を過小評価すべきではなく、専門アドバイザーの支援を受けないまま取り調べに対応するのは回避するべきです。