バリュエーション(価値評価)サービス

税務・会計処理、紛争解決等、事業評価や投資評価の際に必要となるバリュエーションサービスを提供します。バリュエーションの分野は年々複雑化しています。財務報告、相続・資産計画、法規制の遵守、訴訟支援、紛争解決、トランザクション(取引)アドバイザリーなどバリュエーションが必要となる場面は多岐に渡ります。

グリーンバック・アランは、事業価値評価、資産価値評価およびこれらの関連サービスを幅広く提供します。

  • あらゆる業種の事業価値評価
  • 自社株買戻しなどトランザクション・バリュエーション
  • 現行の会計基準に則った必要な会計処理に関するアドバイス:IFRS(国際財務報告基準)2号/FRS(英国財務報告基準)20号の詳細な開示要件への対応
  • 株主間紛争における事業と資産の価値評価
  • 税務目的の以下のようなバリュエーション

– 従業員のストックオプションや持ち株

– のれん代などの事業資産

– 1982年3月31日(資産再評価の基準日)の価値

– 贈答品の市場価値

  • 婚姻手続における事業資産の価値評価
  • 売却を目的とした事業の価値評価:商業目的で株式や事業の価値を判断する必要がある場合
  • 訴訟の際の専門家による証人供述書

現在のビジネス環境では、事業価値評価は企業の意思決定において不可欠です。

資産や負債の評価プロセスは複雑さを増しており、事業取引を成立させ、重要な法規制や会計要件を満たすためには、分かりやすく堅実なバリュエーションが必須です。

金融機関などの貸金業者や企業投資家は、重要な企業取引や意思決定をサポートするためにバリュエーションを求めることがあります。ビジネスにおいてバリュエーションが必須となる場面の一例として、買収や売却、リストラクチャリング、財務報告書開示支援が挙げられます。

少数株主との関係や取引、従業員の持ち株制度、ストックオプションの取り決め、訴訟や株主間紛争に対処する際に、どのような方法を取ればいいかを判断するためには独立した第三者の意見が役立ちます。

株主構成の変更や資本の管理、法的規制への対応など、いかなる事由から発生する困難なバリュエーションのご相談もお受けします。

事業バリュエーションで正式報告書を必要としない場合には、必要に応じてテイラーメイドの報告書を作成します。例えば、予備審査的な事業価値の指標や財務問題の明確化、株主間協定の価値に関する規定、バリュエーション報告書の考察などを含む予備調査報告書の作成も可能です。

Related Contacts

Andy Tall
View profile